総量規制対象外のキャッシングは?

総量規制は、お金の借り過ぎによる生活破綻から利用者を守るために定められたものです。

2010年から施行されており、年収の3分の1を超える借入れができなくなりました。

だからといってすべての借入がその対象になるわけではありません。

総量規制の対象となるのは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者からの借入れです。

ですから、銀行カードローンなどの銀行からの借入れであれば貸金業法の総量規制の対象外なのです。

また、貸金業者からの借り入れであっても、自動車ローン、住宅ローン、おまとめローンは規制の対象外になります。

クレジットカードでのキャッシングも規制の対象ですが、クレジットカードのショッピングは利用することができます。