審査の緩い消費者金融ですが総量規制には注意しましょう

銀行と消費者金融、どちらでキャッシングをしようかと迷っている時は、消費者金融をまずおすすめします。消費者金融の場合は、審査基準が銀行よりも低くなっていますので、キャッシングができる確率が高くなるからです。その分金利が高めになりますが、最近は比較的金利が低く、利用しやすい会社も増えて来ています。

またパートタイムとかアルバイト、派遣社員といった、いわゆる非正規雇用の人であっても、収入があって、信用情報にブラックがなければ、審査に通ってお金を借りることができます。ただし注意したい点もあります。

他に消費者金融を利用していないか、あるいはクレジットカードでキャッシングをしていないか、この2点については、申込む前に気をつけるようにしてください。なぜかといいますと、消費者金融には総量規制があるため、キャッシングの額に限度額があるからです。この限度額というのは一律ではなく、その人の年収の3分の1に当たる金額となっています。

そしてこの限度額は、他の消費者金融、あるいはクレジットカードのキャッシングも対象となりますので、他からキャッシングをしていると、限度額ぎりぎりになってしまって、新規の申込みができなくなることがあるからなのです。