金利の低いフリーローンはカードローンより審査が厳しいとは勘違い?

キャッシングと言えば、繰り返し利用できるカードローンと一括融資を受けて毎月返済するフリーローンの2パターンが一般的です。金利条件で言えば、カードローンよりはフリーローンの方が低く設定されていることが多くあります。

では、金利が低いフリーローンは、カードローンに比べ、審査が厳しいかというとそうではあります。カードローンは利用限度枠内であれば繰り返し利用できるため、借入額が高くなり易く、返済不能になるリスクも高まります。つまり、その影響が金利に反映されてしまうため、高金利になります。一方で、返済のみとなるフリーローンは、借入額が減少するため、融資リスクは結果として低くなっていきます。

繰り返し利用できるという違いだけだ、同じ無担保キャッシングでも差がでるだけであり、カードローンに比べ、極端に審査が厳しくなるものではありません。

先ずは、審査の厳しさだけに捕らわれて、カードローンだけを選択肢にしないことが重要です。